スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪江町が実施した子供たちへのアンケート

既にニュースなどでも取り上げられたので、
御覧になっているかとは思いますが、ご存じない方のために、
少し回答結果に触れたいと思います。

先日2月20日に、原発事故の影響で避難を余儀なくされている福島県浪江町が、
今年初めに同町に在籍していた小学1年生から中学3年生までを対象に実施した
アンケートの集計結果速報を公表しました。
回収率は約7割1,190人の子供たちの声が寄せられました。
その結果、およそ半数の子供たちが、
それまで一緒にくらしていた家族と離ればなれになっており、
78.7%の子供たちが、今の生活で困っていることに、
地元の友達とあえなくなってしまったことをあげています。
そして「放射能のせいで病気にならないか不安」という回答も35.9%にのぼります。

アンケート結果では、85.3%の子供たちが浪江が好きだと回答し、
およそ8割が浪江と聞いて思い浮かぶことに、
「自分の家での生活」「十日市や野馬追など町の祭り」
「友だちと遊んだこと」
などをあげており、
多くの子供達にとって浪江町が
大切な場所であり、思い出のたくさん詰まった場所

であることが窺えます。

今の生活でうれしかったことでは、
「新しい友達ができた」「学校が楽しい」という明るい回答が非常に多い一方、
「避難先の友達付き合いになじめない」「早く浪小に帰ったら」
「せきをしただけでバイキンあつかいをされた」
など、
辛い思いをしている子供たちがいることも明らかになりました。
NHKの取材では、「放射線があるから近よらないで」と言われて、
4ヶ月間部屋に閉じこもり、半年間学校に通うことすらできぬほどに、
深く傷付いた少女のことなども報じられています。

私事ですが、私も小学生時代に、いじめを受けたことがあります。
重度の小児ぜんそくであった為に、
「あの子の傍に寄ると、ぜんそくがうつる!」と言われたり、
福島から横浜に転校した際には、言葉の問題でからかわれたことも。
その他、授業内容や環境など
幼心ながらに、深く傷付いたり、戸惑うことが多々ありました。
大好きな友達と離ればなれになることも、とても辛いことでした。
まして、ただでさえ想像を絶する地震と津波と原発事故を経験し、
家族との生活や、住み慣れた家や故郷を追われ、
友達と離ればなれになっている子供たちの負担はどれほどのものでしょう。
いつの時代にも、どんな場所にも、
理不尽なことで他人を傷つける人はいます。
けれど、これ以上、避難している子供たちが、
1人も傷付くことなく過ごせる明日を願ってやみません。

もし、周りに、避難してきている子供がいたら、
どうぞ彼等を支えてあげてください。



浪江町:復興に関する子供向けアンケート集計結果(速報)

浪江町が実施した子供向けアンケート集計結果のPDF資料です。
http://www.town.namie.fukushima.jp/wp-content/uploads/2012/02/2-2.pdf

浪江町:復興に関する町民アンケートの集計結果
昨年11月に高校生以上の全町民を対象に実施されたアンケートの集計結果情報が掲載されています。
http://www.town.namie.fukushima.jp/?p=9535

NHK NEWSWEB : 原発避難の子ども達 続く苦しみ(2月21日 17:05更新)
2月21日(火)掲載のWEB特集です。
・該当ページwww.nhk.or.jp/****/
(NHKのトップページ:http://www.nhk.or.jp/

スポンサーサイト

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

およそ7,171世帯の愛すべき故郷 福島県・浪江町(1)

浪江町には、およそ7,171世帯20,908人の方が住んでおられました。
(平成23.2.25に公表された総務省統計局 平成22年国勢調査 人口速報集計結果による)


この町は、TOKIOの出演番組「ザ!鉄腕!DASH!!」に出ていた
「DASH村」があることが震災後に明らかになったことで、記憶に新しい方も多いかと思います。
番組を御覧になり、その豊かな自然に心惹かれた方もあったのではないでしょうか。
山だけでなく、美しい海にも恵まれた浪江町の豊かな自然と伝統あるまつりの一部をご紹介いたします。

『高瀬川渓谷』

この渓谷は阿武隈高原中部県立自然公園に指定されており、高瀬川は、全国の釣り愛好家によって選定された「天然アユが上る100名川」の1つでもある美しい川です。初夏の新緑はもちろん、秋には溜め息が出るほどの美しい紅葉を見ることができ、県内外から多くの人が訪れます。奇岩の間を流れる急流や、渓谷沿いには、十二支が祭ってある戸神山や「うつくしま百名山」にも選ばれている手倉山のなどもあります。

kamoのフォトサロン:高瀬川渓谷の紅葉
とても素敵なお写真を撮られているkamoshidayさんのブログです。2007年秋のものですが、高瀬川渓谷の非常に美しく豊かな自然が写し出されています。ぜひ御覧になってみてください。
http://kamoshiday.exblog.jp/6839876/

【相双ビューロー】福島県相双地域紹介2010【浪江町】
sosobureauさんによってアップロードされたYouTubeの動画です。請戸川の鮭やな場での様子や、高瀬川渓谷、大堀相馬焼など、浪江町の魅力が紹介されています。
http://youtu.be/HhyQErErp0g

『安波祭』

浪江町請戸地区に伝わる約300年の歴史をもつ、豊漁と海上の安全を祈る苕野神社の祭りです。祭りでは、奉賛行列やみこし、華やかな花笠をかぶった小学生による田植踊りや獅子舞奉納、クライマックスには2月の身を切るような冷たい海の中で紅白の樽御輿を担ぐ若者達の豪快な荒波渡御が披露されます。

安波祭 2010 VOL3・荒波渡御 (HD).mpg
fsfk0612muuさんによって撮影された荒波渡御。冷たい海の荒波に臆することもなく御輿を担ぐ若者たちの勇姿が映し出されています。
http://youtu.be/n2Q_Fw8hnkg

モール双葉 2011年卯年 福島県双葉地方の統合情報サイト:浪江町請戸 安波祭りのフォトアルバム
今年2月に行われた安波祭りの様子が御覧になれます。当該サイト上部リンクより、2003年・2008年の祭りの写真や、2010年の御神楽奉納・田植踊り奉納・海上渡降のHD映像を見ることもできます。
http://www.newcs.futaba.fukushima.jp/02anba/2011/1/



テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

被災地全ての明日のために

for_all.png

震災チャリティポストカード
チャリティポストカード1枚158円の内80円を直接被災各県の自治体及び支援・救護団体等へ、責任をもって寄付させて頂きます。(残り78円は、各店舗様への委託販売手数料や、印刷費等に充てております。)         *詳細はリンク先を御覧下さい。             *集まった寄付金は2000円毎(25枚分)に送金致します。
被災動物救援サイト
東日本大震災にて被災したペットの捜索・保護情報や、救援・義援金募集など様々な情報が掲載されています。小さな命を救う為に是非御協力ください。
最新記事
RSSリンクの表示
当サイトへのリンクについて
当サイトへリンクをされる際には、以下のバナーをご利用ください。(右端にある東日本大震災応援バナー集の中からご利用いただくことも可能です。)リンクは原則フリーですが、リンクをされる際には、下のメールフォームからひと言いただけると嬉しいです。

blog_banner.jpg

カテゴリ
被災地応援
東日本大震災において、甚大な被害を受けた福島・宮城・岩手をはじめ、全ての被災地の1日も早い復興を応援しています!
東日本大震災応援バナー
応援バナーを制作しました。ご利用の際には、左端一番下のメールフォームもしくは、コメント欄にひと言いただけると嬉しいです。

savethefuture.png


helpanimals2.png


stop-small.png

mama_baby.png


farmers_b.jpg


pig_caw_small.png

東日本大震災情報サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。