およそ1,120世帯の愛すべき故郷 福島県・川内村(1)

川内村には、2011年2月25日時点でおよそ1,120世帯2,992人の方が住んでおられました。
(川内村公式サイトによる)

その豊かな自然と伝統ある文化の一部をご紹介いたします。


『平伏沼』
平伏山にあるこの沼は、日本固有のアオガエルであるモリアオガエルの繁殖地として、国指定天然記念物となっています。モリアオガエルは本州や佐渡島に生息していますが、日本のレッドデータによると、現在その多くの地域で生息数の減少が見られ、奈良県ではすでに絶滅寸前種に指定されています。川内村は、そんなモリアオガエル達を大切に保護してきました。深い緑に囲まれた静かでとても美しい沼です。

川内村観光協会:モリアオガエルの生息地 国指定天然記念物「平伏沼」
平伏沼の詳細やモリアオガエルの産卵風景などの画像が掲載されています。
http://www.kawauchimura.com/

孤高の記:平伏沼
非常に美しい写真を撮影されているaikeさんのブログです。昨年の初夏に撮影された平伏沼の写真が掲載されています。新緑の中に静かに広がる沼は、国指定天然記念物に相応しい佇まいです。
http://minamisouma.269g.net/article/15490341.html



『三匹獅子』

川内村に伝わる約400年の歴史をもつ古典芸能で、県の重要無形民俗文化財に指定されています。川内村の獅子舞には4つの地区に伝わる、高田島獅子・西郷獅子・町獅子・西山獅子と呼ばれる獅子があり、舞は、小・中学生によって演じられ、5月と9月の年2回、諏訪神社の祭礼に奉納されます。(昨年春の川内村村長さんのブログによると、西山獅子は唯一大人が奉納しているそうです。)近年は継承者の人材不足などで存続が危ぶまれる状況などもあったようですが、歴史ある伝統芸能が、原発問題も含めこの困難な時期を乗り越えて、これからも受け継がれてゆくことを心から願っています。

川内村観光協会:川内村の獅子舞
4つの獅子舞の様子を写した写真が掲載されています。
http://www.kawauchimura.com/


テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

被災地全ての明日のために

for_all.png

震災チャリティポストカード
チャリティポストカード1枚158円の内80円を直接被災各県の自治体及び支援・救護団体等へ、責任をもって寄付させて頂きます。(残り78円は、各店舗様への委託販売手数料や、印刷費等に充てております。)         *詳細はリンク先を御覧下さい。             *集まった寄付金は2000円毎(25枚分)に送金致します。
被災動物救援サイト
東日本大震災にて被災したペットの捜索・保護情報や、救援・義援金募集など様々な情報が掲載されています。小さな命を救う為に是非御協力ください。
最新記事
RSSリンクの表示
当サイトへのリンクについて
当サイトへリンクをされる際には、以下のバナーをご利用ください。(右端にある東日本大震災応援バナー集の中からご利用いただくことも可能です。)リンクは原則フリーですが、リンクをされる際には、下のメールフォームからひと言いただけると嬉しいです。

blog_banner.jpg

カテゴリ
被災地応援
東日本大震災において、甚大な被害を受けた福島・宮城・岩手をはじめ、全ての被災地の1日も早い復興を応援しています!
東日本大震災応援バナー
応援バナーを制作しました。ご利用の際には、左端一番下のメールフォームもしくは、コメント欄にひと言いただけると嬉しいです。

savethefuture.png


helpanimals2.png


stop-small.png

mama_baby.png


farmers_b.jpg


pig_caw_small.png

東日本大震災情報サイト