スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風10号の被害と防災について


先日台風10号が上陸した東北地方はじめ各地で、
大きな被害が出ています。

私の親友が住む岩手県の宮古市も
河川氾濫による洪水と高潮によって冠水、
岩手県の岩泉町ではグループホームが浸水し、
9名の方が亡くなるなど、痛ましいニュースもあり、
東日本大震災で大きな被害を受けた被災地
またこのようなことが起きてしまったことに、
本当に胸が痛むと同時に、
昨今激しさを増している自然の脅威は
決して他人事ではなく
いつどこで起きるか分からないものであることを
あらためて認識しなくてはならないと感じます。


以前当ブログで取り上げたものも含め、
防災に役立つサイトを再度ご紹介します。



いつ起こるかわからない自然災害から、
大切な人と、そして自分自身を守るために。





総務省消防庁 防災・危機管理 e-カレッジ
総務省消防庁が管理する災害や危機から身を守るための様々な知識・情報を学ぶ事の出来るサイトです。幼年〜中学生が楽しみながら学べるものから、一般向け、さらには消防団員向けなど専門的な知識を学ぶことのできるものまで、幅広く網羅しています。是非活用していただきたいサイトです。
http://open.fdma.go.jp/e-college/index.html


兵庫県 地域の風水害対策情報:防災学習~災害について知ろう~

兵庫県 県土整備部 技術企画課のサイトです。災害時に必要な情報が掲載されています。本来兵庫県民向けの情報サイトですが、『防災学習』に関しては、避難に関わることや、想定される危険、日頃の備えなど、沢山の動画を用いて、非常に分かりやすくつくられており、その他の地域の人々にも大変役立つ情報が掲載されています。お子さまやお年寄りにも、とても見やすいサイトです。以下の4つの項目を御覧いただけます。
洪水について学習
http://gakusyu.hazardmap.pref.hyogo.jp/bousai/kouzui/opening.html
土砂災害について学習
http://gakusyu.hazardmap.pref.hyogo.jp/bousai/dosha/opening.html
・津波について学習
http://gakusyu.hazardmap.pref.hyogo.jp/bousai/tsunami/opening.html
・高潮について学習
http://gakusyu.hazardmap.pref.hyogo.jp/bousai/takashio/opening.html



国土交通省:各都道府県が公開している土砂災害危険箇所と土砂災害警戒区域

全国の都道府県が公表している土砂災害に関する情報を検索することができます。大雨の後は土砂災害の危険も高まります。http://www.mlit.go.jp/river/sabo/link_dosya_kiken.html
スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

tag : 自然災害 台風 大雨 洪水 土砂災害 被災地 防災

まだまだ続いている地震

east_west.jpg


つい先日、フィリピンで大きな地震が発生し、
日本でも山田町など被災地沿岸部では、
津波を警戒して避難された方もありましたが、
先の大震災から既に1年半近くが経とうとしている現在でも、
東北、北関東を中心に、未だに多くの地震が発生しています。

上の図は、
今年2012年の7月-8月における震度3以上の地震発生回数を、
西日本と東日本にわけて見やすく図にしたものです。
西日本でも九州の一部地域では、
時々大きな地震もありますが、
それほど日常的に大きな揺れを感じることはないかと思います。
けれど、東日本大震災の余震はまだ続いていることを、
今一度、意識していただければと思います。


7月-8月のわずか1ヶ月間に、東日本では、

震度3:34回 震度4:12回 震度5弱:2回 震度5強1回



ちなみに、日本全国でこの7月-8月に起きた震度3以上の回数は52回で、
これは、昨年の同時期のおよそ半分の頻度ですが、
(2011年7-8月の全国の発生回数は震度3:66回 震度4:25回 震度5弱:5回 震度5強3回)
震災前の一昨年の同時期のおよそ3倍近い頻度です。
(2010年7-8月の全国の発生回数は震度3:14回 震度4:4回 震度5弱1回 震度5強0回)
震災後、日本各地で活断層の存在が明らかになっています。
活動期に入ったといわれる日本では、
今後どこで大きな地震が起きてもおかしくない状況にあることを忘れずに、
日頃から防災意識を高めておく必要があるのかもしれません。

そして、まだまだ過去のことではない被災地の今を、
どうぞ忘れずにいてください。
復興庁から今現在発表されている最新の避難者情報では、


全国の総避難者数は34万3,334人、
自県外に避難をされている方は、
福島から6万878人、宮城から8,420人、岩手から1,605人。



そして、埼玉県の旧埼玉県立騎西高校避難所には、
現在警戒区域となっている双葉町から
ご高齢者を中心に211名(H24年8月15日現在)もの方が身を寄せておられます。


昨年このサイト内で防災に役立つサイトをご紹介しましたが、
再度リンク紹介させていただきますので御覧になってみてください。




兵庫県 地域の風水害対策情報:防災学習~災害について知ろう~

兵庫県 県土整備部技術企画課のサイトです。災害時に必要な情報が掲載されています。本来兵庫県民向けの情報サイトですが、『防災学習』に関しては、避難に関わることや、想定される危険、日頃の備えなど、沢山の動画を用いて、非常に分かりやすくつくられており、その他の地域の人々にも大変役立つ情報が掲載されています。お子さまやお年寄りにも、とても見やすいサイトです。以下の4つの項目を御覧いただけます。各項目とも、はじめに短い映像が流れますが、スキップして情報ページを閲覧することも可能です。

・洪水について学習
http://gakusyu.hazardmap.pref.hyogo.jp/bousai/kouzui/opening.html
・土砂災害について学習
http://gakusyu.hazardmap.pref.hyogo.jp/bousai/dosha/opening.html
・津波について学習
※震災以降の調査で実際にはここで紹介されているよりも高い津波の可能性が指摘されていますが、津波に関する様々な意識をもつ上で大切な情報が紹介されています。
http://gakusyu.hazardmap.pref.hyogo.jp/bousai/tsunami/opening.html
・高潮について学習
http://gakusyu.hazardmap.pref.hyogo.jp/bousai/takashio/opening.html


テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

12月、1月の地震発生状況について。



※今朝の記事UP時に、以下の震度4以上の地震発生件数に発生ヶ所をダブリ加算していたので訂正しました。

東日本大震災の起きた3月11日以降、今月28日までに発生した有感地震の回数は9,713回
震度4以上の地震も317回(内震度5以上69回)に上ります。
※気象庁の地震観測データ解析がまだ完全には終了していないため、今後数値が加算される可能性があります。
未だ東北や関東を中心に、強い地震が観測されており、
先日28日には朝から震度4以上の地震が4回/17ヶ所で起きていますので、
先月12月と今月1月28日までに、全国で発生した震度4以上の地震を少しまとめてみました。

この約2ヶ月の間に、震度5弱が2回/2ヶ所震度4に至っては9回/17ヶ所で起きています。

また、ここ数日間の有感地震の発生状況をみますと、
先週22日の日曜日~26日木曜日までは日に8~9回で推移していた発生件数が、
27日金曜日に11回、先日28日土曜日には22回
今月28日までの最も地震発生率の高い1日となりました。

23日には東京大地震研究所の、
今後4年以内に首都直下型地震の発生率が70%にのぼるという試算が明らかになりましたが、
上述のように、まだまだ強い地震の発生も続いていますので、
被災地はもちろんのこと、その他の地域の方も、
日頃の備えを再度確認していただければと思います。


msn.産経ニュース:首都直下地震、4年以内の発生確率70% M7クラス、東大試算(2012.1.23 11:24 )

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120123/dst12012311250005-n1.htm


気象庁:震度データベース検索

1926年から2日前までの有感地震について、震源と全国の各地の震度を検索することができ、都道府県ごとや震度ごとの地震発生状況や、日別・月別の地震発生状況など細かな検索が可能です。
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/shindo_db/shindo_index.html


テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

被災地の土砂災害について

昨日5月23日に、九州南部が梅雨入りしたと鹿児島地方気象台による発表がありましたが、
これから本格的な梅雨や台風の時期に突入する日本では、
東日本大震災の被災地における土砂災害の発生なども危惧されています。

この度の震災では、本心の強い揺れと、その後の長期に渡る余震の繰り返しで、
地盤の緩んでいる箇所や、斜面にヒビが入っている場所も多いといわれ、
岩手・宮城・福島の各避難所の内、210ヶ所が土砂災害の危険のある場所に隣接していることも、
国土交通省の調べで明らかになっています。

近年は、集中豪雨による自然災害も増えており、
被災地沿岸部では、未だ地盤沈下による浸水状況も深刻な場所も多く、
これ以上の被害が起きないことを祈るばかりです。


いつ遭遇するか分からない自然災害に備えるために。



防災に役立つサイトをいくつかご紹介します。




兵庫県 地域の風水害対策情報:防災学習~災害について知ろう~

兵庫県 県土整備部 技術企画課のサイトです。災害時に必要な情報が掲載されています。本来兵庫県民向けの情報サイトですが、『防災学習』に関しては、避難に関わることや、想定される危険、日頃の備えなど、沢山の動画を用いて、非常に分かりやすくつくられており、その他の地域の人々にも大変役立つ情報が掲載されています。お子さまやお年寄りにも、とても見やすいサイトです。以下の4つの項目を御覧いただけます。
・洪水について学習
http://gakusyu.hazardmap.pref.hyogo.jp/bousai/kouzui/opening.html
・土砂災害について学習
http://gakusyu.hazardmap.pref.hyogo.jp/bousai/dosha/opening.html
・津波について学習
http://gakusyu.hazardmap.pref.hyogo.jp/bousai/tsunami/opening.html
・高潮について学習
http://gakusyu.hazardmap.pref.hyogo.jp/bousai/takashio/opening.html


気象庁:土砂災害警戒情報
大雨などに伴う土砂災害の危険性が生じた際に発令される全国の警戒情報を見ることができます。また、当該サイトより、その他の情報として、気象全般に関わる防災情報を知ることができます。
※御覧になる際には、常にブラウザの更新ボタンにて最新の情報を得るようにしてください。
http://www.jma.go.jp/jp/dosha/


国土交通省:各都道府県が公開している土砂災害危険箇所と土砂災害警戒区域

全国の都道府県が公表している土砂災害に関する情報を検索することができます。http://www.mlit.go.jp/river/sabo/link_dosya_kiken.html


テーマ : 災害情報
ジャンル : 地域情報

被災地全ての明日のために

for_all.png

震災チャリティポストカード
チャリティポストカード1枚158円の内80円を直接被災各県の自治体及び支援・救護団体等へ、責任をもって寄付させて頂きます。(残り78円は、各店舗様への委託販売手数料や、印刷費等に充てております。)         *詳細はリンク先を御覧下さい。             *集まった寄付金は2000円毎(25枚分)に送金致します。
被災動物救援サイト
東日本大震災にて被災したペットの捜索・保護情報や、救援・義援金募集など様々な情報が掲載されています。小さな命を救う為に是非御協力ください。
最新記事
RSSリンクの表示
当サイトへのリンクについて
当サイトへリンクをされる際には、以下のバナーをご利用ください。(右端にある東日本大震災応援バナー集の中からご利用いただくことも可能です。)リンクは原則フリーですが、リンクをされる際には、下のメールフォームからひと言いただけると嬉しいです。

blog_banner.jpg

カテゴリ
被災地応援
東日本大震災において、甚大な被害を受けた福島・宮城・岩手をはじめ、全ての被災地の1日も早い復興を応援しています!
東日本大震災応援バナー
応援バナーを制作しました。ご利用の際には、左端一番下のメールフォームもしくは、コメント欄にひと言いただけると嬉しいです。

savethefuture.png


helpanimals2.png


stop-small.png

mama_baby.png


farmers_b.jpg


pig_caw_small.png

東日本大震災情報サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。